診察時間外遠隔診療

このエントリーをはてなブックマークに追加

診察時間外遠隔診療とは

体重増加を伴う高血圧、糖尿病、高脂血症といったいわゆる生活習慣病は、食事や運動、禁煙など生活習慣の改善と薬物の継続的な服用が大切です。これを放置すると脳梗塞で麻痺が残ったり、心筋梗塞で突然死したり、血液透析が必要になったり不自由で悲しい思いをするのは、われわれより上の世代の方が示しています。
とくに40代、50代の方は仕事や家族のことで忙しかったり、まだ大丈夫だと病院を受診するのが後回しになり薬の内服がされていない方がたくさんいます。そういう方が将来、不自由で悲しい思いをしないですむためにとせせらぎクリニックでは新たな取り組みを開始します。
スマートフォンのスカイプアプリを用いて自宅にいながら診療ができるサービスです。これにより通院時間や待ち時間を気にする必要はありません。希望すれば薬も自宅に届けるようにできます
いいこと尽くめですが診察時間や対象の患者さんが限られたり、自己負担額が増えたりします。以下にルールを記載します。

高血圧、糖尿病、高脂血症で投薬を受けている内科の患者さん、またはアトピーなど皮膚科の患者さんのみです。通常の風邪、インフルエンザはダメです。また初診の患者さんもダメです。何度か通院していただいてから判断します。
②診察時間は毎週火曜日と金曜日の19時から20時の間です。必ず当日18時までの電話予約が必要です。飛び込み患者さんはダメです。

③通常の保険による診察料に加えて時間外予約料500円と時間外診察料1500円の自費診療を組み合わせた混合診療です。ですので3割負担の方で2700円くらい+薬代がかかる計算です

④診察後のお薬は診察後3日以内に必ずクリニック横の城南薬局にとりに来るか、あるいは自宅に届けることも可能ですので選んでください。

⑤診察料は、城南薬局に薬を取りに来たときについでに払うか、あるいは薬を配達してくれたときにお薬代と一緒に払ってください。

治療の流れについて

  1. 外来で相談

    遠隔診療の対象になる患者さんに通常の外来で説明して同意が得られればスマホのスカイプでつながるか確認をします。
  2. 診察当日

    電話予約を確認し、遠隔診療の前に電話で確認します。診察時間になればこちらからスカイプします。スマホの準備をしておまちいただきます。    *外来が遅くなって時間を調整することもあります。
  3. 診察

    内科診察の場合は、血圧手帳や血圧計、体重計をご用意いただくことになります。他の病院の検査結果や検診結果などもあればそれを見ながら診察します。最低1年に1回は血液検査などの検査をするために受診いただくことはご了承ください。皮膚科診察の場合は皮膚症状をスマホで見ながら診察します。
  4. 治療

    お薬を配達にするか、取りに行くか決めていただいて、手続きにしたがって診察料を支払ってください
  5. その他なにかご不明な点がありましたら院長におたずねください